ホームヘルパーの転職は職場の雰囲気をつかむのが大切

ホームヘルパーのお給料事情

しっかりと職場の雰囲気を確認!

お給料をアップさせるための転職とはいえ、人間関係が最悪な職場だったり雰囲気が合わない職場であれば転職をしたいとは思わないはずです。しかし職場の雰囲気は働き始めてから徐々に把握していくという側面もあるため、なかなか働く前に把握することは難しいです。しかし面接の場で職場の雰囲気を確認することができるので、把握するための方法を紹介します。

しっかりと職場の雰囲気を確認!
LINEで送る
Pocket

ストレートに聞かない

職場の雰囲気を知りたいと思って面接で職場の雰囲気は良いですかと尋ねるのは控えましょう。職場の雰囲気を聞かれて悪いですと答える面接官もいませんし、そもそも面接官の言う職場の雰囲気が良いという概念が自分と同じとも限りません。そのため職場の雰囲気を尋ねる際は具体的な自分の理想を伝える必要があります。スタッフの人たちが意見を交わしながら積極的にサービス改善の提案をすることが可能な職場かどうかといった聞き方になります。

方針を確認

介護に対する考え方や仕事の進め方は事業所によって様々です。そのため職場の雰囲気を見極めるためには事業所の方針を確認することも重要です。しかしこれもストレートに方針を教えてくださいという聞き方をしてしまうとマイナスイメージにつながってしまうこともあります。理念や方針はホームページに掲載されていることも多いため、面接前には必ずホームページで確認しておくことが大切です。また掲載していない時には面接時にホームページで確認して見当たらなかった旨を伝えてから聞きましょう。

在籍スタッフの情報

在籍しているスタッフの平均勤続年数なども職場の雰囲気を知るための大きな手がかりになります。平均勤続年数が長ければなんとなく上下関係が出来上がっており、また働き続けやすい環境ということがわかります。スタッフの年齢構成も若いスタッフが多いのか、ベテランスタッフが多いのかで雰囲気を掴みやすいです。ホームページなどでは記載されていないところも多いので、直接聞いてみましょう。ただし平均勤続年数は直接聞いても正確な情報かは判断つきませんので控えましょう。

施設見学

面接だけではやはり施設の雰囲気をつかむことは難しいので、最も確実なのは事前に施設見学をすることです。自分の目で実際に働いているスタッフや利用者を見ることが確実ですので、施設見学を見て疑問に持ったりわからない部分を面接で尋ねるのが一番です。施設見学の時間が用意されている事業所も多いので、積極的に活用しましょう。

気になるアレコレを紹介

「ホームヘルパーのお給料事情」はホームヘルパーのお給料の仕組みなどから平均年収や目指すことのできる年収といった、ホームヘルパーのお給料事情について紹介しているサイトです。お問い合わせ:home_care_worker_salary@yahoo.co.jp

気になるアレコレを紹介