ホームヘルパーがまず目指すべきはサービス提供責任者

ホームヘルパーのお給料事情

まず目指したいのがサービス提供責任者!

サービス提供責任者の中には年収500万円以上を超えるような人もいるため、お給料を上げるためにはまずサービス提供責任者を目指すことも視野に入れている人が多いです。サービス提供責任者になるための道のりと、お給料事情について紹介します。

まず目指したいのがサービス提供責任者!
LINEで送る
Pocket

サービス提供責任者になるために

サービス提供責任者になるためには介護福祉士、准看護師、看護師、保健師のいずれかの資格を取得しているか、実務者研修を修了しているかのどちらかが条件となります。サービス提供責任者は訪問介護の事業所には1人以上の配置義務もあるため、比較的求人の需要が高いという面もあります。

お給料事情

サービス提供責任者の仕事は専門業務となるため、通常の介護職員や訪問介護職員よりも高くなることが一般的です。平均年収は350万円程度となっているため、ホームヘルパーの平均年収304万円を考えると平均年収も高くなっています。しかし介護の仕事の待遇は施設によって大きな差がある業界でもあるので、サービス提供責任者になったからといって必ずお給料が上がるかと言われるとそうでもありません。働いている事業所によっては特に待遇に差が現れていないという場所もあります。
訪問介護は個別に自宅を回ることもあれば、訪問介護の事業所を運営している同じ企業が運営しているサービス付き高齢者向けの施設にサービスを提供することがあります。そのため大きな事業所は複数の施設を運営していることが多いため、個別に自宅を回るのではなく集合住宅を回るようなことがあります。こうしたお抱えの高齢者向け住宅がある場合にはお給料や福利厚生の待遇が良くなり、年収が500万円を超えてくる場合があります。逆に小さい事業所で利益を生み出す効率が悪いような場合にはお給料を上げにくく、待遇もそこまで上がらないという場合があります。

今後の待遇

高齢化の影響によって介護の需要がどんどん増えていることに伴い、介護の事業所も増えています。しかし実際にサービスを提供するホームヘルパーの数が足りず人手不足に悩むところが多いのも事実です。そのためホームヘルパーの数を増やすために待遇面やお給料面を働きやすい環境にするために向上させている傾向が業界全体で見られています。そのためサービス提供責任者も同様に必要不可欠な職種にはさらに好条件の求人が見られていることも事実です。これからはさらにお給料の上がっていくことが見込めるサービス提供責任者はまずホームヘルパーからのステップアップとして目指しやすい職種でもあります。

気になるアレコレを紹介

「ホームヘルパーのお給料事情」はホームヘルパーのお給料の仕組みなどから平均年収や目指すことのできる年収といった、ホームヘルパーのお給料事情について紹介しているサイトです。お問い合わせ:home_care_worker_salary@yahoo.co.jp

気になるアレコレを紹介