ホームヘルパーがゆくゆくは目指したいケアマネージャー

ホームヘルパーのお給料事情

ゆくゆくはケアマネージャー!?

ケアマネージャーは介護の資格の中でも取得が難しい資格ですが、取得することでマネジメントの仕事ができるようになります。仕事内容は主に介護保険を利用するためのサポートになっており、介護保険申請のための書類作成代行や、どのような介護サービスを受けることが適正なのかを相談して決めていくことになります。現場からは離れますが、最終的にケアマネージャーを目指す方法とお給料や対偶について紹介します。

ゆくゆくはケアマネージャー!?
LINEで送る
Pocket

資格取得

ケアマネージャーとして働くためには資格は必要不可欠ですので、ケアマネージャーを目指すのであればまずは資格を取得する必要があります。そしてケアマネージャーの資格試験を受験するために、受験資格がありますので先に資格を得ることが必要になります。受験資格は大きく5つあり、この5つの中からで通算年数が5年以上を満たすものがあれば受験をすることができます。
1つ目が国家資格に基づく業務経験があること。2つ目が介護老人福祉施設などにおける生活相談員に基づく業務経験があること。3つ目が介護老人保健施設における支援相談員に基づく業務経験があること。4つ目が計画相談支援などにおける相談支援専門員に基づく業務経験があること。5つ目が生活困窮者自立相談支援事業などにおける主任相談支援員に基づく業務経験があること。これら5つとなります。
受験資格を満たす実務経験の計算は「実務経験5年」ということですが、実務経験は試験前日までカウント可能です。そのため申し込み時点で経験日数が足りなくとも、「実務経験見込証明書」を提出することで受験することが可能です。

ケアマネージャーの待遇

ケアマネージャーは介護業界の中でも平均年収が372万円と高いですが、日本人の平均年収よりも高くなっているため、介護業界に限らず平均年収は高い職種と言えます。そしてケアマネージャーは基本給の点ではそこまで給料が高いわけではありませんが、資格手当などの各種手当によって高い年収となります。有事の際は夜間も連絡が取れるようにしておく必要があるため、事業所には夜間の受付があります。そこを担当することで夜間連絡の担当手当も出ます。

女性も働きやすい

ケアマネージャーの仕事は専門性がとても高い仕事ですので、介護業界全体的に人材不足が問題となっています。そのためアルバイトやパートといった形式でも非常に喜ばれます。報酬もケアプランの1件作成につき、5000円前後の相場でフリーランスとして受けることもできます。そのため家事や子育てとの両立をしやすい働き方を取ることができるため、介護業界で働いていた人が結婚や出産後に目指す人も多くいます。また専門職ということで時給制で働いている人もその時給は高くなる傾向があります。

気になるアレコレを紹介

「ホームヘルパーのお給料事情」はホームヘルパーのお給料の仕組みなどから平均年収や目指すことのできる年収といった、ホームヘルパーのお給料事情について紹介しているサイトです。お問い合わせ:home_care_worker_salary@yahoo.co.jp

気になるアレコレを紹介